地域

北海道でランドセルが試せるお店!半額セールが安い公式ストア&失敗しない選び方と口コミ

北海道でランドセルの取扱店舗がどこにあるのかが気になるところですよね。

そこでこちらでは、北海道内でランドセルを販売している店舗と、取り扱いのあるブランド、人気のランドセルなどについてご紹介していきます。

お店よりも50%以上安く買えるメーカー公式ストアについても教えちゃいます。

アウトレットセールで最大50%割引!メーカー公式ストア

  • セイバン
    (天使のはね)
  • フィットちゃん
  • ふわりぃ

\最大50%OFF!アウトレットセール開催中/

セイバンアウトレットセール

昨年まで販売の天使のはねランドセルが29,260円(税込)から!

【割引率】
2018年モデル・・・約50%割引
2019年モデル・・・約30%割引
早期割引き(期間限定)・・・10%割引

モデルロイヤル ベーシックや、ワンパ、ラブピなどの昨年までの人気モデルも登場!半額商品はすぐに品切れになりますが、早期割引対象モデルは店舗よりも安く購入できますよ!

アウトレットセール
を見てみる

\アウトレットは残りわずか!/

フィットちゃんアウトレットセールセール

最大半額割引のアウトレットランドセル、2019年10月時点で残りは男の子モデルのみ。
2019年最新モデル「安ピカッ」もWEB特化で10%OFF(1万円近く安く購入できます。)

【割引率】
最大50%割引

アウトレット品は「テキサスボーイヴィンテージ」、「ナイト騎士」「ハンサムボーイDX」など少し前のモデルですのですのでそこだけご注意を。

フィットちゃん
セール品を見てみる

\2019年の最新モデルも半額!/

ふわりぃアウトレットセールセール
男の子用は8モデル32種類、女の子は8モデル35種類が対象!

【割引率】
女の子最大63%割引
男の子最大63%割引

機能性に優れた最新モデルがアウトレットセール対象!!最新モデルが2万円台とお得に購入するチャンス!

ふわりぃ
セール商品を見てみる

公式オンラインショップではアウトレットのランドセルを中心に大幅な値引きセールのランドセルが販売されており、メーカーによっては70%近く値引きしているところもあります。性能もデザインも新品と変わっていない場合も多いので、好きなデザインの在庫があれば購入チャンスです!

(※先着順!在庫限り)

※メーカー直営のショップなので「6年間保証」もしっかりついて安心です。

北海道のランドセル販売店一覧表

店舗 市町村 取り扱いブランド 営業時間
イオン 旭川市、石狩市、岩見沢市、
江別市、小樽市、帯広市、
北斗市、北見市、釧路町、
釧路市、札幌市、新ひだか町、
滝川市、伊達市、千歳市、
苫小牧市、名寄市、根室市、
登別市、三笠市、室蘭市、
紋別市、余市町
セイバン、フィットちゃん、
くるピタ、オリジナルブランド
9:00~21:00
大丸 札幌市 セイバン、村瀬鞄行、アディダス、
メゾピアノ、オリジナルブランド
10:00~20:00
東急百貨店 札幌市 セイバン、ふわりぃ、くるピタ、
プーマ、POLO、シャーリーテンプル、
オリジナルブランド
10:00~20:00
丸井 札幌市 アディダス、キャサリンコテージ、
コムサ、ベネトン、オリジナルブランド
10:30~19:30
イトーヨーカ堂 旭川市、北見市、札幌市、函館市 セイバン、フィットちゃん、ふわりぃ、
アディダス、ナイキ、プーマ、
プライベートレーベル、
オリジナルブランド
9:00~21:00

試着するなら「イトーヨーカ堂」

イトーヨーカ堂は定番のセイバンやフィットちゃんなどの他、やや高級ラインのブランドや手ごろな価格のオリジナルブランドなど、幅広いタイプのランドセルがそろっています。

売り場でチェックするポイント

ランドセルのチェック項目

  • 容量
  • 重さ
  • 耐久性

・マチ幅12.5cm以上→ランドセルは体操服やタオル、水筒など、かさばるものを入れることも多いです。そのため、A4フラットファイルに対応しているだけでなく、マチ幅も大きくとってあるものを選ぶのがおすすめです。

・重さ1200g以下(重く感じないつくりも)→実際の重さが軽いほど、子供の背中や肩への負担は軽減されます。それとは別に、体にぴったりフィットしているだけでも、重さを感じにくくなります。数字上の重さだけでなく、実際に背負って比較してみましょう。

・丈夫さ→ランドセルは毎日重い荷物を入れるだけでなく、6年間様々な天候にさらされ、時には子供から乱暴な扱いを受けることもあります。そのため、6年間使い切るためには、ある程度丈夫さに定評があるものがおすすめです。

店舗で購入前にオンラインストアも確認

子供に合うかどうかを確認するのは実店舗が最適ですが、種類の豊富さや価格という面からみると、オンラインストアもおすすめです。

オンラインストアでは、ネット限定のランドセルが多数見つかりますし、限定の割引なども行われることがあります。ぜひ選択肢に入れておきましょう。

北海道の男の子が選んだ!おすすめランドセル3選

人気No1セイバン「モデルロイヤルドラグーン」

剣やエンブレムといった、男の子が好むモチーフがしっかり入っています。体へのフィット感やセンスの良い配色など、定番商品として人気のモデルです。

最初は見た目で子供が選びましたが、実際に背負ったりものを入れたりして見ると、使い勝手の良さに感動しています。

価格 63,000円
重さ 1200g
サイズ A4フラットファイル対応
素材 クラリーノ・エフ

6年保障&丈夫で安心!①フィットちゃん「グッドボーイDX」

フィットちゃんシリーズで人気の高い機能を集めた上位モデルです。飾りつけすぎず、センスの良い配色がそろっていて大きくなってからも背負いやすいです。

色々な機能があって迷ってしまい、全部入っているこのモデルにしました。ずいぶん人気があるらしく、クラスで何人か色違いを使っているようです。

価格 61,600円
重さ 1250g
サイズ A4フラットファイル対応
素材 クラリーノ・タフロック

反射板付き!光って安心ふわりぃ「スーパーフラッシュ」

低学年からも安心して使えるフィット感や軽さは言うまでもなく、暗い場所でもしっかり目立つ反射素材は暗い時間帯や天候の悪い日に便利です。

子供の身長が低いので、ランドセルがしっかり反射してくれるのは安全のために便利です。丈夫で傷もあまりつきません。

価格 63,800円
重さ 1210g
サイズ A4フラットファイル対応
素材 クラリーノ・エフ、タフロック

安くて良いモノはなまるランドセル24

価格が控えめでシンプルなデザインが特徴的なランドセルです。デザインは特別目立つものではありませんが、カラーが豊富なので自分らしいものを見つけられるでしょう。

他のランドセルと比べると安すぎて心配になりましたが、珍しいメタリックを購入しました。丈夫さや機能面で高額なものと変わらず、買ってよかったです。

価格 30,000円
重さ 1080g
サイズ A4フラットファイル対応
素材 クラリーノ・エフ

北海道の女の子が選んだ!おすすめランドセル3選

人気No1セイバン「モデルロイヤルクリスタル」

キラキラのスワロフスキーが特徴の女の子向けのデザインです。フラワーやリボンを上品にあしらっていて、低学年から高学年まで幅広く人気があります。

高級感のあるデザインで、大人っぽいものが好きな娘にねだられました。背負った時のフィット感やしっかりした縫製など、人気が高いのもうなずけます。

価格 63,000円
重さ 1200g
サイズ A4フラットファイル対応
素材 クラリーノ・エフ

かわいさで選ぶならフィットちゃん「愛ティアラ 安ピカッ」

名前の通り、ティアラのモチーフが目を引くデザインです。チャームや刺繍にハートのデザインを取り入れて、手を抜かない可愛さが女の子に人気です。

人気があるブランドなのと、子供が気に入った色があったのでこちらを選びました。シンプルなランドセルにしている友達から、うらやましがられているようです。

価格 59,400円
重さ 1200g
サイズ A4フラットファイル対応
素材 クラリーノ・エフ2

シンプルでお手頃価格!①はなまるランドセル24

価格が魅力的という意見もありますが、意外と少ないシンプルなデザインと豊富な色、丈夫なのに軽い設計など、コストパフォーマンスの高さが光ります。

派手なランドセルは上級生に目をつけられると聞いて、こちらにしました。シンプルなデザインにしている子供も意外と多く、良かったです。

価格 30,000円
重さ 1080g
サイズ A4フラットファイル対応
素材 クラリーノ・エフ

北海道のランドセル選びでよくある質問

いつ購入するのがベスト?
ランドセルは、早ければ次のシーズンの商品が4~5月頃から予約開始になります。ピークは7月前後で、その後は新商品が追加されることはほとんどありません。そのため、売り切れになりやすい商品を狙うならできるだけ早い段階から、豊富な種類の中から選ぶならピーク時期、安く購入したいなら値下げが始まる秋~冬のころから探すのがおすすめです。
ランドセルの相場っていくら?
価格帯は2~10万円と幅広いですが、最も売れ筋は5~6万円台です。
どんな色が人気?
→男の子
黒や紺が最も人気で、明るいブルーや緑、茶色、メタリックあたりも注目されています。
→女の子
赤やピンク、キャメルが定番ですが、水色やラベンダーなどの明るめの寒色系も人気です。

近くのエリアから探してみましょう

このように、北海道ではランドセルの取扱店舗はたくさんありますが、札幌以外となると極端に店舗数が少なくなります。まずは自分の生活エリアの近くから探し始めてはいかがでしょうか。

-地域

© 2020 ランドセル選びに役立つ比較サイト!ランドセルセレクト