購入ガイド

3万円台で買える人気ランドセル!選ぶコツと購入者の口コミ

ランドセル探しを始めると気が付きますが、平均的な価格帯が5~6万円台とかなり高く設定されていますよね。小学校の間しか使えないものですし、もう少し価格を抑えて、かつ子供が使いやすい物を探したいところです。

そこでこちらでは、コストパフォーマンスが高い3万円台のランドセルをご紹介していきます。

3万円台のランドセルは低価格帯とはいえ、上位モデルに搭載されている機能を盛り込んだコストパフォーマンスの高い物も見つかります。ただ、種類は少ないので、品切れが出ない早目の時期から時間をかけて探す必要があるでしょう。

3万円台のランドセル買って後悔しない?特徴とは

3万円台のランドセルは、ランドセル全体から見ると低めの価格帯となり、素材や使い勝手の良さに過大な期待はできません。

もちろん、1~2万円台の格安のランドセルもありますが、ここまで安いものになると耐久性や縫製などもかなり見劣りしてしまいます。

3万円台となると、大手メーカーや牛革などの天然素材をメインで使っている工房系ではなかなか見つけられませんが、しっかり探せば6年間使える丈夫で背負いやすい物もいくつか存在します。

そのため、小学校に通う間だけ問題なく使え、子供にとっても扱いやすいランドセルを探している人、デザインや機能面はほどほどで構わないので価格を重視して購入したいという人におすすめです。

3万円台の人気ランドセル

●男の子用

①ふわりぃ「ネット限定オリジナル」

軽くて丈夫なクラリーノ・レミニカを使用して軽量に仕上げたモデルです。シンプルなデザインのなかにアクセントとしてブルーやレッドを組み合わせ、シックで大人びた雰囲気になっています。通気性が良くふんわりとした生地の背当てや体にフィットする背カンで、子供の方や背中への負担を大幅に軽減しています。

価格 38,700円
素材 クラリーノ・レミニカ
サイズ A4フラットファイル対応
重さ 1040g

体が小さいのでとにかく軽いランドセルを探していたところ、これが背負いやすいしデザインも好みだったので選びました。今は教科書も増えて毎日重くなっていますが、本人はあまり負担に感じていないようです。

②澤田屋ランドセル「プレミアムディオ」

自動ロックや子供への負担が少ない背当て、肩ベルトなど、この価格帯のランドセルとしてはかなり充実した機能を持つモデルです。色の組み合わせやワンポイントのチャーム間など、高閣下謡のモデルにも引けを取らない上品な仕上がりです。

価格 37,384円
素材 PU
サイズ A4フラットファイル対応
重さ 1280g

ランドセルは値段に比例するものだと思っていましたが、澤田屋ランドセルは5万円くらいのランドセルと比較しても、それほど大きな違いは感じませんでした。子供も背負いやすいと言っていたので、こちらに決めました。

③イオン「はなまるランドセル24」

イオンのランドセルは価格帯の幅も広いですが、こちらのモデルは低価格ながら必要な機能をきちんと盛り込んだ使いやすいシリーズです。装飾や豊富なバリエーションなどを省くことでコストカットしつつ、通気性・抗菌機能に優れた背当てやオートロックなどのポイントは押さえています。

価格 30,000円
素材 クラリーノ・エフ
サイズ A4フラットファイル対応
重さ 1080g

軽いランドセルを探していたときに見つけました。上位モデルとあまり違いがなかったので、金額が違うのではないかと驚きましたが、それくらいコストパフォーマンスが高いランドセルだと思います。

●女の子用

①澤田屋ランドセル「プレミアムディオ」

澤田屋ランドセルは素材の仕入れから製造・販売まで一貫して自社が行っているため、無駄なコストをかけずに低価格で高品質なランドセルを販売しています。落ち着いたカラーとシンプルなデザインながら、ふっくらとした背当てや体にフィットしやすい肩ベルトなど、使い勝手の良さも際立ちます。6年保証もついているので安心して使えます。

価格 37,384円
素材 PU
サイズ A4フラットファイル対応
重さ 1280g

3万円台のランドセルはなかなか実店舗にはなく、ネットで探していた時に澤田屋さんを見つけました。実物を見られないので不安はありましたが、届いた商品はきちんとしていて子供も気に入っています。

②イオン「はなまるランドセル24」

より高い価格帯でも使われているクラリーノ エフを用いたランドセルで、手ごろな価格ながらしっかりした収納力、体にフィットする構造、小さい子供にも負担が少ない軽量モデルと上位モデルにも引けを取らない機能を備えています。デザインはシンプルですがカラーバリエーションも豊富です。

価格 30,000円
素材 クラリーノ・エフ
サイズ A4フラットファイル対応
重さ 990g

イオンのランドセルは5万円台のモデルだけかと思っていましたが、意外と安いシリーズもあって驚きました。きちんとした造りで、装飾が少ないのもシンプルなものが好きな娘にはかえって良かったです。

③サンリオ「きぼうふくらむランドセル」

華やかな色あいにサンリオキャラクターのイラストやスワロフスキー、刺繍などの女の子が大好きなモチーフをあしらったランドセルです。

単にキャラクターやデザインにこだわっているだけでなく、耐久性の高いクラリーノ・エフを使用して収納力たっぷりに仕上げ、背当ても通気性や撥水性の高い生地を使用するなど、機能面も充実しています。

価格 36,500円
素材 クラリーノ・エフ
サイズ A4フラットファイル対応
重さ 1150g

娘がサンリオキャラクターが大好きだったこともあり、実物を見に行く前から目をつけていました。綺麗なカラーやガーリーな刺繍など、実物はもっと良かったです。背負ってみると意外と軽く、中もたっぷり入りそうで価格以上だと思います。

3万円台のランドセルを購入した人の口コミ

数が少ないので探すのに苦労しましたが、満足できるものが見つかりました。

上を見ればきりがありませんが、6年間だけ使うのなら十分だと思います。

正直、あまりいいものを期待していませんでしたが、意外と機能的なランドセルばかりでした。

小学校の入学前は物入りなので、6年間使えて安いランドセルが見つかったのは良かったです。

さすがに5~6万円台と比べると地味だし安っぽいと思いますが、4万円台のランドセルとはそれほど違いがないように思えました。

最初の内はいいランドセルがなくて予算オーバーを覚悟しましたが、しっかり探せば子供が気に入るものがありました。

手間を惜しまず探すことが重要

3万円台のランドセルは、耐久性や機能性、デザインなどで他の価格帯と比較した時に、満足できる割合が大幅に低くなります。

ただし、中には意外な掘り出し物が見つかることもありますので、手間を惜しまずにしっかり探せば、子供の負担が少なく、6年間きちんと使えるものに出会えるでしょう。

取り扱い店舗は少ないため、時間をかけて探し回ることが大切です。